後遺症について

私たちの生活には欠かせないのが自動車です。その自動車は走る凶器ともいわれており、ひとたび事故を起こせば簡単に人の生命を傷つけることになります。安全運転することは大事ですが、生活の一部である以上、事故を起こす可能性は誰にでもあります。物損事故ならまだしも、人身事故ともなれば軽度のものから重度のものまでさまざまです。重度の事故ともなれば、死亡または後遺症が残る恐れもあります。後遺症が残れば普段の生活にも支障をきたすため、十分な補償が必要です。ところが、自身や家族などに後遺症障害を方がないと満足な知識が身につかないのも事実でしょう。ここでは後遺症についてご説明していきます。

 

後遺症とは急性期症状(事故直後から一定期間の強い症状)が治った後も、機能障害や神経症状のことを指します。では、後遺症と後遺障害の違いはどうでしょうか。後遺障害とは交通事故によって受けた精神的や肉体的な傷害が、将来的にも回復の見込みがない状態(症状固定という)で、起因となった交通事故とその症状固定状態との間に相当な因果関係が認められた場合に、自賠法施行令の等級に該当するものをいいます。もちろん、医学的に証明でき、労働能力の喪失(低下)を伴うものでなくてはなりません。

 

後遺障害として等級認定されると、傷害部分(症状固定)とは別に損害賠償請求の対象となります。では次に上記にあった回復の見込めない状態の症状固定についてご紹介していきます。