症状固定について

症状固定とは、このまま治療を続けても大幅な改善が見込めず、むちうちで例えると、病院でリハビリを受けたり投薬すると具合は和らぎますが、しばらくするとまた戻ってしまうという、一進一退を繰り返すことを医学的な症状固定といいます。事故に遭い、症状固定後で残った症状は、等級認定を受けることによって、後遺障害として傷害部分(ケガ)とは別に、損害賠償の対象となります。

 

医学的に大幅な改善が見込めないものであれば、治療費を加害者側に負担させ続けるのではなく、一旦治療期間は終了とし、残存した症状については「後遺障害」という名目で損害賠償の対象とします。これは問題の早期解決を図るための、損害賠償をするうえでの都合によって決められた仕組みともいうことができます。

 

事故後に病院で医師から症状固定の診断を受ける前の段階は、傷害部分(ケガ)と呼ばれています。被害者側はこのケガの「傷害部分」として、治療費や仕事を休まなければいけなくなったことによる損害、入通院慰謝料などを請求することができます。また、症状が固定されると、等級の認定を受けることで「後遺障害部分」として逸失利益や後遺障害慰謝料を加害者側に請求することができます。この傷害部分と後遺障害部分は分けて請求できますが、後遺障害部分の請求は傷害部分(ケガによる治療)の請求が終了することを意味します。