未分類

最も大事な等級

交通事故での後遺症の等級とは、損害賠償額にかなり影響するので非常に重要なものといえるでしょう。後遺症の等級が認定されるには、損害保険料率算出機構において書面審査で等級認定を行います。等級認定に不服がある場合、異議申立をすることができます。この異議申立は、保険会社に対して行うもので、審査は損害保険料率算出機構が再度行います。個人で一から考えて手続きするのは大変なので、専門家に相談することの方がいいでしょう。

 

訴訟を提起して司法に一任する方法もあります。裁判所が独自に審査して判断することになります。症状に関する証拠の提出が大事です。過去の事例を調べて、判断に有利となる証拠を抽出することも必要です。後遺症が軽い等級で認められてしまい,その後の修正で大変な主張,立証が必要になる,というケースが多いです。

 

後遺症には、どれだけ保険会社や弁護士が意見を述べても、最も重要な判断となる後遺障害診断書は医師が作成します。何気ない質問でも医師によっては適切な対応が可能と判断されてしまうことがあるので、万が一診断書が軽い症状で作成されてしまった場合は、跡で簡単に覆せません。弁護士に前もって介入してもらい、医師に診断書を作成してもらうほうが安心といえます。

目に見えない後遺症

後遺症には大きく分けて「目に見えやすい後遺症」と「目に見えにくい後遺症」があります。「目に見えやすい後遺症」とは、関節を動かしたりしても、動かせる範囲が限られてしまう症状や目に見えて分かる傷跡が残ったりするなどがあります。これは認定基準が数値化されているので、傷害の度合に関わらず客観的にとらえることが可能です。

 

一方、「目に見えにくい後遺症」には、むち打ちがあります。交通事故に遭遇するとほとんどむち打ちの症状が出てきます。むち打ちは頚椎捻挫や外傷性頚部症候群などからくる首の痛みや腕のしびれが残った場合に、その痛み・しびれを数値化するのは困難で、はっきりと目に見えるものではありません。事故による因果関係を示すのも容易ではありません。しかしながら、むち打ちの症状でも、その症状や治療状況、医師による検査所見によっては、等級が認定されている例は少なくありません。

 

むち打ちなどの目に見えにくい後遺症の場合は、事前認定の手続きには注意が必要です。交通事故の専門家に相談するのがベストといえますが、保険には弁護士特約が付加されている場合には利用するのが得策でしょう。等級認定のポイントを押さえた手続きを進めなければなりません。

症状固定について

症状固定とは、このまま治療を続けても大幅な改善が見込めず、むちうちで例えると、病院でリハビリを受けたり投薬すると具合は和らぎますが、しばらくするとまた戻ってしまうという、一進一退を繰り返すことを医学的な症状固定といいます。事故に遭い、症状固定後で残った症状は、等級認定を受けることによって、後遺障害として傷害部分(ケガ)とは別に、損害賠償の対象となります。

 

医学的に大幅な改善が見込めないものであれば、治療費を加害者側に負担させ続けるのではなく、一旦治療期間は終了とし、残存した症状については「後遺障害」という名目で損害賠償の対象とします。これは問題の早期解決を図るための、損害賠償をするうえでの都合によって決められた仕組みともいうことができます。

 

事故後に病院で医師から症状固定の診断を受ける前の段階は、傷害部分(ケガ)と呼ばれています。被害者側はこのケガの「傷害部分」として、治療費や仕事を休まなければいけなくなったことによる損害、入通院慰謝料などを請求することができます。また、症状が固定されると、等級の認定を受けることで「後遺障害部分」として逸失利益や後遺障害慰謝料を加害者側に請求することができます。この傷害部分と後遺障害部分は分けて請求できますが、後遺障害部分の請求は傷害部分(ケガによる治療)の請求が終了することを意味します。

後遺症について

私たちの生活には欠かせないのが自動車です。その自動車は走る凶器ともいわれており、ひとたび事故を起こせば簡単に人の生命を傷つけることになります。安全運転することは大事ですが、生活の一部である以上、事故を起こす可能性は誰にでもあります。物損事故ならまだしも、人身事故ともなれば軽度のものから重度のものまでさまざまです。重度の事故ともなれば、死亡または後遺症が残る恐れもあります。後遺症が残れば普段の生活にも支障をきたすため、十分な補償が必要です。ところが、自身や家族などに後遺症障害を方がないと満足な知識が身につかないのも事実でしょう。ここでは後遺症についてご説明していきます。

 

後遺症とは急性期症状(事故直後から一定期間の強い症状)が治った後も、機能障害や神経症状のことを指します。では、後遺症と後遺障害の違いはどうでしょうか。後遺障害とは交通事故によって受けた精神的や肉体的な傷害が、将来的にも回復の見込みがない状態(症状固定という)で、起因となった交通事故とその症状固定状態との間に相当な因果関係が認められた場合に、自賠法施行令の等級に該当するものをいいます。もちろん、医学的に証明でき、労働能力の喪失(低下)を伴うものでなくてはなりません。

 

後遺障害として等級認定されると、傷害部分(症状固定)とは別に損害賠償請求の対象となります。では次に上記にあった回復の見込めない状態の症状固定についてご紹介していきます。