後遺症には大きく分けて「目に見えやすい後遺症」と「目に見えにくい後遺症」があります。「目に見えやすい後遺症」とは、関節を動かしたりしても、動かせる範囲が限られてしまう症状や目に見えて分かる傷跡が残ったりするなどがあります。これは認定基準が数値化されているので、傷害の度合に関わらず客観的にとらえることが可能です。

 

一方、「目に見えにくい後遺症」には、むち打ちがあります。交通事故に遭遇するとほとんどむち打ちの症状が出てきます。むち打ちは頚椎捻挫や外傷性頚部症候群などからくる首の痛みや腕のしびれが残った場合に、その痛み・しびれを数値化するのは困難で、はっきりと目に見えるものではありません。事故による因果関係を示すのも容易ではありません。しかしながら、むち打ちの症状でも、その症状や治療状況、医師による検査所見によっては、等級が認定されている例は少なくありません。

 

むち打ちなどの目に見えにくい後遺症の場合は、事前認定の手続きには注意が必要です。交通事故の専門家に相談するのがベストといえますが、保険には弁護士特約が付加されている場合には利用するのが得策でしょう。等級認定のポイントを押さえた手続きを進めなければなりません。