交通事故での後遺症の等級とは、損害賠償額にかなり影響するので非常に重要なものといえるでしょう。後遺症の等級が認定されるには、損害保険料率算出機構において書面審査で等級認定を行います。等級認定に不服がある場合、異議申立をすることができます。この異議申立は、保険会社に対して行うもので、審査は損害保険料率算出機構が再度行います。個人で一から考えて手続きするのは大変なので、専門家に相談することの方がいいでしょう。

 

訴訟を提起して司法に一任する方法もあります。裁判所が独自に審査して判断することになります。症状に関する証拠の提出が大事です。過去の事例を調べて、判断に有利となる証拠を抽出することも必要です。後遺症が軽い等級で認められてしまい,その後の修正で大変な主張,立証が必要になる,というケースが多いです。

 

後遺症には、どれだけ保険会社や弁護士が意見を述べても、最も重要な判断となる後遺障害診断書は医師が作成します。何気ない質問でも医師によっては適切な対応が可能と判断されてしまうことがあるので、万が一診断書が軽い症状で作成されてしまった場合は、跡で簡単に覆せません。弁護士に前もって介入してもらい、医師に診断書を作成してもらうほうが安心といえます。